沿革・歩み

大正 元年 島根県信用組合連合会設立
昭和18年 島根県農業会に改組
昭和23年 島根県信用農業協同組合連合会設立
昭和34年 貯金量 50億円達成
昭和38年 貯金量100億円達成
昭和39年 全国農協貯金者保護制度発足
昭和48年 松江支所、松江市東朝日町126番地へ新築移転
昭和49年 島根県指定代理金融機関業務開始、県庁支店開設
全国農協信用事業相互援助制度発足
昭和50年 貯金量 500億円達成
昭和52年 貯金量1,000億円達成
出雲支所、出雲市塩冶有原町1丁目34番地へ新築移転
昭和54年 全国銀行内国為替制度加盟
昭和58年 貯金量2,000億円達成
昭和59年 新系統為替オンラインシステム稼働
昭和60年 全国農協貯金ネットシステム稼働
昭和61年 国債窓販取扱開始
山陰合同銀行とのCDオンライン提携
昭和62年 貯金量3,000億円達成
平成 元年 島根県系統信用業務第2次オンラインシステム稼働
平成 2年 都銀,地銀とのCDオンライン提携
平成 3年 第2地銀、信金,信組、労金とのCDオンライン提携
外貨両替業務取扱い開始
松江支所を本所内に移転
平成 4年 貯金量5,000億円達成
平成 5年 後配出資金制度の導入
平成 8年 松江支所、出雲支所、浜田支所を廃止
平成10年 員外監事制導入
島根県信用保証協会に加入
平成11年 島根県中小企業制度融資取扱開始
系統投信窓販業務取扱開始
平成12年 外貨預金業務取扱開始
平成13年 経営管理委員会制度導入
平成14年 JASTEMシステムへ移行
郵貯とのCD・ATMオンライン提携
JAネットバンク取扱開始
平成16年 事務集中センター設置
平成17年 研修相談センター設置
平成18年 県庁支店廃止
ICキャッシュカード取扱開始
平成19年 JAバンクアグリサポート事業の開始
平成20年 ATM手数料無料化
平成22年 JASTEMシステム更改
農業金融センター設置
日銀歳入復代理店事務開始
平成23年 農林中央金庫松江支店廃止に伴う業務継承
ローンセンター設置